まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355

電話対応時間 10:00~11:30/17:00~18:30 
詳しい診療内容・診療時間につきましてはお知らせをご確認ください。

WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

職員採用面接

先日は、午前中に工事中のクリニックへ足を運び、午後からはクリニックの運営を手伝ってくれる職員の方々の採用面接を行ってきました。小雨の中、面接会場に来てくださってありがとうございました。

 

 

ヒトの卵巣には思春期発来の時点で約40万個の卵胞が存在しますが、生殖年齢の間に選択され排卵に至る卵胞は1%に過ぎません。卵胞はゴナドトロピン(gonadotropin;gonadは性腺=女性では卵巣で男性では精巣;で、tropinは、栄養の意味の接尾語trophyに由来します。合わせて、性腺に栄養を与えるホルモンの意味。)の刺激により、通常一つの卵胞が主席卵胞として選択的に発育します。卵胞内に存在する良質な卵は、排卵に至るまでに卵巣内の多彩なサイトカイン、成長因子などの局所因子(わかりやすく言うと、局所に作用するたんぱく質)の制御を受けます。卵胞の成熟段階は卵巣顆粒膜細胞層(卵胞の中に存在する細胞)の変化により一次卵胞、二次卵胞、三次卵胞のおよそ三段階に分類され、三次卵胞に属する成熟卵胞になると脳下垂体からのLH(Luteinizing hormone;黄体形成ホルモン)の刺激を受けて排卵する能力を有するようになります。

 

医師が育つ過程、魚などの生物、人間が年齢を重ねる過程も同様で、「医学生、研修医、専門医」「ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ」「幼年期、少年期、青年期、中年期、高年期」と成熟していくためには、個人の努力も大切ですがその個人が置かれている環境要素もとても重要だと思います。

 

 

私たちのクリニックは、12月にオープン予定の例えてみれば、排卵する前の「卵」の状態です。開業準備は、開業チームの皆さまのお世話になり、ゆっくりですが着実に進んでおります。

面接に来てくださった方々は皆さまとても素敵な方たちで、一緒にクリニックの運営を手伝って下さるメンバーも少しずつ固まってきました。とても居心地のよい職場になりそうです。スタッフの方々から学ぶところも多そうで、わたしも少しでも成長したく、定期的にワイン会などのお食事会も開催したいと思っております。

 

なお、面接会場は、品川区五反田1-3-8(五反田駅スグ)。

お問い合わせは、mail@matsumi-lc.jpでも結構です。(クリニックのメールアドレスが開通しました。)

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ