まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

ミレーナ:スタッフブログ(268)

みなさん、こんにちは。

看護スタッフです。

今回は最近お問い合わせの多い、ミレーナについてお話したいと思います。

 

ミレーナとは子宮内に黄体ホルモンを持続して放出する「子宮内システム」です。

ミレーナの本体はT字型をしていて、柔らかいプラスチックでできています。

T字型の縦の部分から、レボノルゲストレルという黄体ホルモン(以下レボノルゲストレル)がゆっくり持続的に放出され、一度装着すれば最長で5年間効果が継続します。

 

過多月経 、月経困難症の治療や避妊目的に用いられます。

過多月経や月経困難症がある方には保険適応で避妊目的の方は自費となります。

 
  
子宮内に装着したミレーナからレボノルゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンが持続的に放出され子宮の内膜に作用します。

レボノルゲストレルには子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため子宮内膜は薄くなります。

これによって、月経血量を減少させ痛みのもととなる物質(プロスタグランジンなど)の産生が抑えられ、月経痛などの月経困難症の症状を軽減させると考えられています。

また、子宮内膜が増殖するのを抑えることで受精卵の着床を防いだり、子宮頸管の粘液を変化させて精子が腟の中から子宮内へ進入するのを妨げたりすることで避妊効果を発揮します。

 

ミレーナの装着後、数ヵ月間は月経時期以外に出血が続くことがありますが、 通常は日数の経過とともに減少します。

当院では初診時、問診、超音波エコーとおりものの検査を実施し、問題なければ、次回月経が開始してから挿入するという流れで実施しています。

上記を参考にご検討ください。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ