まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355

電話対応時間 10:00~11:30/17:00~18:30 
詳しい診療内容・診療時間につきましてはお知らせをご確認ください。

WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

採血:スタッフブログ(368)

こんにちは!事務スタッフです。

今日は採血の話をします。

 

ほとんどの方は健康診断や不妊治療の際、採血をされた経験があると思います。

採血をされる際、何本ものスピッツに血が集められていくと、何本採るんだろう、まだあるのかなって思いますよね…。

実は、何本も取るのには意味があるんです。

 

血液中の何の値を測定したいかにより、血液の保存方法が変わってきます。

例えば、血算と呼ばれるものだと、血中の赤血球数、白血球数、血小板数などを測定します。

これらは血液が固まってしまってはうまく測れないので、スピッツの中に抗凝固剤が入って血液が固まらないようにしています。

 

また、生化学と呼ばれるものだと、血中のアルブミン(タンパク質)や尿酸、中性脂肪、血糖、ナトリウム、カリウムなどの値を測定します。

これらを測定するときは、血液をわざと凝固させて、凝固する固体成分と凝固しない液体成分に分けます。

ナトリウムなどのイオンは凝固しない液体成分に含まれます。

凝固する固体部分を取り除くことで、残った液体に存在する物質が測定しやすくなります。

 

このように、測定したい物質により分析方法が異なるため、通常2種類以上のスピッツ(試験管のような容器)に採血します。

上記のような理由があって何本も採血させていただいています。

 

採血が好きな方なんていらっしゃらないと思いますが、理由を知っていただけたら少し気が楽になるのではないでしょうか。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ