まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら

まつみレディースクリニック三田

院長挨拶

Greeting

院長挨拶Greeting

皆様こんにちは、当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

この度、三田に「まつみレディースクリニック三田」を開院することになりました、院長の松見泰宇(まつみ ひろたか)です。

わたくしは、東京大学関連の大学病院や基幹病院で尊敬する同窓の諸先輩から医療を学んできました。一方、よく知られたプライベートクリニックで勤務する機会にも恵まれ、クリニックにしかできない身近できめ細かい医療も身につけてまいりました。

「病は気から。」ということわざもございます。患者さまが少しでもポジティブな気分になり、やすらげるクリニックのひとつになれれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

院長 松見 泰宇

院長 松見 泰宇

経歴

  • 東京大学医学部卒業
  • 東京大学大学院医学系研究科博士課程
    (生殖・発達・加齢医学)修了
    博士論文
    「A possible role of nitric oxide in the regulation of developmental status of rat ovarian follicles(卵胞発育・閉鎖における一酸化窒素(NO)の関与)」
  • 日本学術振興会特別研究員
  • スタンフォード大学生殖生理学教室リサーチフェロー
  • 成育医療研究センター特別研究員
  • 埼玉医科大学特別研究員
  • 東京大学大学院医学系研究科文部教官助手
  • 帝京大学溝口病院講師
  • 帝京大学非常勤講師

焼津市立総合病院、武蔵野赤十字病院など総合病院にて勤務

秋葉原ARTクリニック、高崎ARTクリニック、両角レディースクリニック、木場公園クリニックなど不妊クリニックにて勤務

愛育病院、池下レディースクリニックなど周産期医療専門病院および産科クリニックにて勤務

資格・所属学会

  • 東京大学医学博士
  • 日本産婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本スポーツ協会認定スポーツドクター
  • 母体保護法指定医
  • 新生児蘇生インストラクターAコース修了
  • 日本産婦人科乳腺医学会講習会修了
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本産婦人科乳腺医学会
  • 日本スポーツ協会
  • 産婦人科PRP研究会
  • 日本子宮鏡研究会

学会発表

  • Significance of CA125-positive histiocytes by immunocytochemistry of peritoneal wash and ascites cytology in diagnosis of endometriosis.
    Hirotaka Matsumi, Akinori Miki, Atsushi Kurata, Koji Fujita, Masahiko Kuroda
    ACE 2018 TAIWAN 台湾 (台北) 2018年
  • Laparoscopic myomectomy/laparoscopically assisted myomectomy for infertile patients with uterine myoma and pregnancy outcome in our hospital
    H. Matsumi, M. Nakabayashi, O. Nishii
    20th SLS アメリカ(ロサンゼルス)2011年
  • p57/KIP2の遺伝子発現、DNA解析により確定診断しえた水腫化流産の一例
    松見泰宇、前田大地、萩野大輔、足立克之、細谷岩夫、長阪恒樹、町並睦夫
    関東生殖医学会 東京 2011年
  • 松見泰宇、田中誠治、川名 尚、佐渡島陽子、大貫裕子、竹村由里、村田照夫、武谷雄二、西井 修
    『卵管障害とクラミジアHSP60抗体価との相関についての検討』
    第60回日本産科婦人科学会 横浜、2008年4月
  • 大貫裕子、川名 尚、佐渡島陽子、竹村由里、松見泰宇、村田照夫、西井 修
    『迅速診断法を用いた性器ヘルペス合併妊婦の管理』
    第60回日本産科婦人科学会 横浜、2008年4月
  • Matsumi H, Kawana T, Tanaka S,Sadoshima Y, Horiya M, Ohnuki H,Nakabayashi M,Takemura Y,Murata T,Nishii O,Taketani Y.
    "Relationships between Chlamydia trachomatis (CT) and Chlamydia heat shock protein 60 (CHP60) antibody titers and tubal pathology assessed using ldiagnostic aparoscopy in infertile women."
    "Endocrine Society" アメリカ(サンフランシスコ)、2008年
  • Matsumi H,Horiya M,Sadoshima Y,Ohunuki H,Takemura Y, Murata T,Nishii O,Yaho T,Taketani Y
    "A case of postpartum acute onset of type 1A (immune mediated) diabetes"
    "Endocrine Society" アメリカ(サンフランシスコ)、2008年
  • Matsumi H,Yano T,Nishii O,Tsutsumi O,Taketani Y
    "Two cases of interstitial pregnancies treated with the administration of methotrexate (MTX) and endoscopic surgeries, whose clinical features were different."
    "ISGE" 東京、2008年
  • 大貫裕子、川名 尚、佐渡島陽子、竹村由里、松見泰宇、村田照夫、西澤美香、西井 修、石黒 靖
    『トキソプラズマIgM抗体陽性妊婦のAvidity Indexを用いた管理』
    第25回日本産婦人科感染症研究会 東京、2007年6月
  • 堀谷まどか、松見泰宇、竹村由里、大貫裕子、中林 稔、村田照夫、西井 修
    『分娩を契機に発症した糖尿病の1例』
    第113回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 東京、2007年6月
  • 堀谷まどか、松見泰宇、竹村由里、大貫裕子、佐渡島陽子、村田照夫、西井 修
    『分娩後発症した脳幹梗塞の1例』
    第337回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 神奈川、2007年5月
  • 佐渡島陽子、松見泰宇、大貫裕子、竹村由里、堀谷まどか、村田照夫、西井 修
    『卵管腺腫様腫瘍の1例』
    第337回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 神奈川、2007年5月
  • 大貫裕子、川名 尚、堀谷まどか、中林 稔、村田照夫、松見泰宇、西井 修
    『性器ヘルペスの再発抑制療法中に妊娠した一例』
    第59回日本産科婦人科学会 京都、2007年4月
  • 佐渡島陽子、松見泰宇、竹村由里、大貫裕子、村田照夫、西井 修
    『子宮内膜ポリープの診断で子宮鏡下手術を施行後子宮内膜癌と診断された2例』
    第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 群馬、2007年10月
  • 小山ひかり、松見泰宇、大貫裕子、佐渡島陽子、竹村由里、村田照夫、西井 修
    『MXT療法後の間質部破裂に対して腹腔鏡下間質部切除術を追加した反復子宮外妊娠の1例』
    第114回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 群馬、2007年10月
  • Matsumi H, Ohnuki H, Nakabayashi M, Horiya M, Takemura Y, Murata T,Nishii O
    "Management of ectopic pregnancy in our hospital"
    "8th Annual Congress of the Asia Pacific Association for Gynecologic Endoscopy and Minimally Invasive Therapy" 大阪、2007年
  • Matsumi H,Oonuki H,Takemura Y,Nakabayashi M,Sadoshima Y,Horiya M,Murata T, Nishii O
    "Clinical Outcome of Ectopic Pregnancy in Our Hospital"
    "1st AAGL International Congress on Minimally Invasive Gynecology " イタリア(パレルモ)、2007年
  • Matsumi H,Arai T,Sadoshima,Y,Horiya M, Oonuki H,Nakabayashi M,Takemura,Y,Murata T,
    Nishii O/Matsumi H
    "Usefulness of endoscopic surgeries promotes the successful pregnancy of infertile patient with organic lesion"
    "The XXth Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology" 東京、2007年
  • 松見泰宇、袖本武男、田中誠治、堀谷まどか、大貫裕子、中林 稔、片桐秀元、宮島伸宜、西井 修
    『腹腔鏡下子宮内膜症病巣焼灼術後に再燃し、腹腔鏡補助下S状結腸部分切除術を施行した腸管子宮内膜症の一例』
    第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 東京、2006年8月
  • 大貫裕子,松見泰宇,堀谷まどか,中林 稔,村田照夫,河村寿宏,西井 修
    『IVF-ET後の子宮内外同時妊娠に対し、腹腔鏡下卵管切除術を行い、妊娠を継続しえた一例』
    第46回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 東京、2006年8月
  • 大貫裕子、松見泰宇、村田照夫、中林 稔、堀谷まどか、西井 修
    『当科における過去2年間の子宮外妊娠症例の検討』
    第374回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 神奈川、2006年7月
  • 中林 稔、松見泰宇、堀谷まどか、大貫裕子、村田照夫、西井 修
    『診断に苦慮した間質部妊娠の一例』
    第374回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 神奈川、2006年7月
  • 堀谷まどか、松見泰宇、大貫裕子、中林 稔、村田照夫、山川達郎、西井 修
    『巨大後腹膜膿瘍の一例』
    第374回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 神奈川、2006年7月
  • 松見泰宇、田島康夫、大貫裕子、中林 稔、堀谷まどか、水口國雄、西井 修
    『内視鏡により子宮内膜癌を早期診断し、MPA療法後に妊娠に至った一例』
    第134回日本不妊学会関東地方部会 群馬、2006年6月
  • 大貫裕子、松見泰宇、村田照夫、中林 稔、堀谷まどか、西井 修
    『当科における過去2年間の子宮外妊娠症例の検討』
    第134回日本不妊学会関東地方部会 群馬、2006年6月
  • Nishii O, Oonuki H, Matsumi H
    "Gasless Laparoscopic Salpingectomy for a Combined Extrauterine and Intrauterine Pregnancies"
    "Global Congress Minimally Invasive Gynecology AAGL 35th Annual Meeting" アメリカ(ラスベガス)、2006年
  • Matsumi H, Nakabayashi ,M, Ohnuki H, Horiya M,Tajima Y, Mizuguchi K,Nishii O
    "Successful pregnancy after Conservative treatment of stage IA endometrial carcinoma early detected by hysterofiberscopy"
    "An AGES Meeting in association with APAGE APAGE 7th" オーストラリア(シドニー)、2006年
  • 長谷部敏朗、川名 尚、田中誠治、松見泰宇、村田照夫、西井 修
    『Bowen様丘疹症の1症例』
    第110回日産婦関東連合部会 松本、2005年10月
  • Nishii O,Tanaka S,Matsumi H,Kawana T
    "The association between Chlamydia Trachomatis serology and tubal damage "
    "Global Congress of Minimally Invasive Gynecology AAGL 34th Annual Meeting" アメリカ(シカゴ)2005年
  • Matsumi H,Osuga Y,Maruyama M,Yano T,Nishii O,Taketani Y
    "Which is more powerful tool for the assessment of uterine submucous myomas? Comparison between three-dimensional ultrasound with saline solution infusion sonohysterography and hysterofiberscop"
    "XIX Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology" 韓国(ソウル)、2005年
  • Matsumi H,Osuga Y,Marutama M,Tanaka S,Hasebe T,Yano T,Taketani,Y,Nishii O
    "Clinical efficacy of transcervical resection of endometrial polyps and/or submucous myomas with abnormal uterine bleeding.A postal survey of 37 cases "
    "6th APAGE annual congress” 中国(香港)、2005年
  • 川名 尚、村田照夫、長谷部敏朗、田中誠治、松見泰宇、冲永惠津子、西井 修、鈴木国興
    『硬化性苔癬の臨床像と治療について』
    第108回日本産科婦人科学関東連合地方部会 千葉、2004年10月
  • Nakabayashi K ,Sheau Yu Hsu,Matsumi H Arka Bhalla,Jeehyeon Bae,Sietse Mosselman,Maruo T, Hsueh AJW
    ”Thyrostimulin:Heterodimer of Two New Human Glycoprotein Hormone Subunits Activates The Thyroid-Stimulating Hormone Receptor”
    “Endocrine Society” アメリカ(サンフランシスコ)、2002年
  • Matsumi H, Kumagai J, Sang-Young Chun and Hsueh AJW
    “Expression of transcripts for different ephrins and their receptors (Eph) in the ovary.”
    “Stanford Reproductive Conference” アメリカ(サンフランシスコ)2002年
  • 松見泰宇、矢野 哲、大須賀 穣、堤 治、武谷雄二
    『卵胞発育・閉鎖における誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)の役割』
    第72回日本内分泌学会学術総会 横浜、1999年5月
  • 松見泰宇、矢野 哲、大須賀 穣、堤 治、武谷雄二
    『卵巣における誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)の発現と卵胞発育・閉鎖における一酸化窒素(NO)の関与』
    第51回日本産科婦人科学会総会 東京、1999年4月
  • 松見泰宇、堤 治、大須賀 穣、矢野 哲、武谷雄二
    『子宮全摘術におけるバイポーラーシザースの有用性』
    第21回日本産婦人科手術学会 岡山、1999年4月
  • 松見泰宇、矢野 哲、堤 治、小路武彦、武谷雄二
    『卵巣における誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)の局在より考察される卵胞発育における一酸化窒素(NO)の関与』
    第71回日本内分泌学会学術総会 福岡、1998年6月
  • 松見泰宇、矢野 哲、大須賀 穣、堤 治、武谷雄二
    『卵巣における誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)の発現および局在と卵胞発育・閉鎖における一酸化窒素(NO)の関与』
    第50回日本産科婦人科学会総会 仙台、1998年4月
  • 松見泰宇
    『当科における子宮鏡下手術の現況』
    第2回TKR研究会 東京、1998年12月
  • 松見泰宇、矢野 哲、堤 治、武谷雄二、江角浩安
    『卵胞発育および閉鎖における一酸化窒素の関与』
    第19回日本分子生物学会 札幌、1996年8月
  • 松見泰宇、矢野 哲、堤 治、武谷雄二、江角浩安
    『卵巣における一酸化窒素合成酵素の発現とその意義』
    第69回日本内分泌学会春期学術大会 大阪、1996年6月
  • 松見泰宇、坂井昌人、遠藤正裕、神保春子、恩田貴志、吉川裕之、岡井 崇、武谷雄二
    『分娩数日前に発症した急性膵炎の一例』
    第88回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 東京、1995年6月
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良
    『更年期障害について』
    平成6年第4回四郡市産婦人科懇話会 静岡、1994年6月
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良
    『胎内診断しえた胎児消化管異常の2例』
    平成6年度春季日本産科婦人科学会静岡地方部会 静岡、1994年5月
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良
    『妊娠中毒症の外来管理』
    平成6年第3回四郡市産婦人科懇話会 静岡、1994年3月
  • 松見泰宇、小林浩一、秋山千絵、坂井昌人、吉川裕之、岡井 崇、馬場一憲、武谷雄二
    『3次元超音波が胎内診断に有用であった胎児腹壁破裂の1例』
    第292回日本産科婦人科学会東京地方部会 東京、1994年12月
  • 松見泰宇、兵藤博信、板倉 称、成高和稔、松岡 良、金 樹英、土田里香、土田晋也、山中龍宏
    『胎内診断により胎児染色体異常を疑った2例』
    平成6年度秋季日本産科婦人科学会静岡地方部会 静岡、1994年10月
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良、岡井 崇
    『胎内診断しえた左室低形成症候群の一例』
    第88回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 長野、1994年10月
  • 松見泰宇、堤 治、大須賀 穣、三島みさ子、横田治重、武谷雄二
    『稀有な腹水性状を示した腹膜偽粘液腫の一例』
    第85回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 東京、1993年6月
  • 松見泰宇、梁 善光、浜井葉子、喜納奈緒、成高和稔、林 直樹、佐藤佐由里、堤 治、岡井 崇、武谷雄二
    『双胎妊娠の分娩管理 特に第一児骨盤位の取扱について』
    第86回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 浜松、1993年10月

論文発表

  • 松見泰宇、佐渡島陽子、大貫裕子、中林 稔、竹村由里、西井 修
    『子宮鏡下切除術にて子宮内膜癌を早期診断し追加治療が奏功した2例』
    掲載誌:日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24巻2号 311-317 2008年
  • 松見泰宇、川名 尚、田中誠治、西井 修、武谷雄二
    『腹腔鏡による卵管所見とクラミジアHSP60抗体価との相関についての検討』
    掲載誌:日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 24巻2号 401-404 2008年
  • 松見泰宇
    『特集 産婦人科外来マニュアル 炎症・感染症 8.子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎』
    掲載誌:産科と婦人科 74巻11号 1529-1532 2007年
  • 新井 哲、松見泰宇、竹村由里、佐渡島陽子、大貫裕子、村田照夫、西井 修
    『子宮内膜ポリープの診断で子宮鏡下手術を施行後子宮内膜癌と診断された2例』
    掲載誌:日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44巻3号 325 2007年
  • 中林 稔、松見泰宇、堀谷まどか、大貫裕子、村田照夫、西井 修
    『診断に苦慮した間質部妊娠の1例』
    掲載誌:日産婦神奈川会誌 43巻2号 47-49 2007年
  • 堀谷まどか、松見泰宇、大貫裕子、中林 稔、村田照夫、西井 修
    『巨大後腹膜膿瘍の1例』
    掲載誌:日産婦神奈川会誌 43巻2号 50-52 2007年
  • 松見泰宇、袖本武男、田中誠治、堀谷まどか、大貫裕子、中林 稔、片桐秀元、宮島伸宜、西井 修
    『難治性の腸管子宮内膜症に対して腹腔鏡補助下S状結腸部分切除術が奏功した1例』
    掲載誌:日本産科婦人科内視鏡学会誌 22巻2号 437-441 2007年
  • 松見泰宇、田島康夫、大貫裕子、中林 稔、堀谷まどか、水口國雄、西井 修
    『内視鏡により子宮内膜癌を早期診断し、MPA療法後に妊娠に至った1例.』
    掲載誌:日本生殖医学会雑誌 52巻1、2号 48-49 2007年
  • 大貫裕子、松見泰宇、堀谷まどか、中林 稔、村田照夫、西井 修
    『当科における過去2年間の子宮外妊娠症例の検討』
    掲載誌:日本生殖医学会雑誌 52巻1、2号 49 2007年
  • 堀谷まどか、松見泰宇、竹村由里、大貫裕子、中林 稔、村田照夫、西井 修
    『分娩を契機に発症した糖尿病の一例』
    掲載誌:日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44巻2号 186 2007年
  • 小山ひかり、松見泰宇、大貫裕子、佐渡島陽子、竹村由里、村田照夫、西井 修
    『MXT療法後の間質部破裂に対して腹腔鏡下間質部切除術を追加した反復子宮外妊娠の一例』
    掲載誌:日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44巻3号 301 2007年
  • 松見泰宇。西井 修
    『女性外来診療マニュアル D.症状・症候から診断・治療へ-I.婦人科編-12.急性腹症』
    掲載誌:産婦人科治療 94巻 増刊号 742-748 2007年
  • 松見泰宇、西井 修
    『特集 女性の疼痛とその対策- 産婦人科でよくみられる急性腹症とその対策』
    掲載誌:産婦人科治療 95巻4号 358-362 2007年
  • 大貫裕子、松見泰宇、堀谷まどか、中林 稔、村田照夫、西井 修
    『子宮外妊娠におけるリスク因子の検討』
    掲載誌:日産婦神奈川会誌 43巻2号 53-56 2007年
  • 松見泰宇、袖本武男、田中誠治、堀谷まどか、大貫裕子、中林 稔、片桐秀元、宮島伸宜、西井 修
    『難治性の腸管子宮内膜症に対して腹腔鏡補助下S状結腸部分切除術が奏功した一例』
    掲載誌:日本産科婦人科内視鏡学会誌 22巻2号 437-441 2006年
  • 大貫裕子、川名 尚、松見泰宇、堀谷まどか、中林 稔、村田照夫、青才文江、西井 修
    『妊娠初期のトキソプラズマ感染が疑われた一例』
    掲載誌:日本産婦人科学会関東連合地方部会会報 43巻3号 273 2006年
  • 松見泰宇、西井 修
    『NEW consensus 産婦人科治療 第1版発行類腫瘍、子宮腺筋症』
    永井書店 東京 2006年
  • Chen Q,Yano T,Matsumi H,Osuga Y,Yano N,Xu J,Wada O,Koga K,Fujiwara T,Kuga K, Taketani Y
    "Cross-Talk between Fas/Fas ligand system and nitric oxide in the pathway subserving granulosa cell apoptosis:a possible regulatory mechanism for ovarian follicle atresia "
    掲載誌:Endocrinology 146巻2号 805-808 2005年
  • 松見泰宇、西井 修
    『コメディカルのためのARTマニュアル』
    永井書店 東京 2005年
  • 西井 修、松見泰宇
    『当直医のための救急マニュアル.産婦人科編』
    エルゼビア・ジャパン 東京 2004年
  • 松見泰宇、石原 理
    『PCOの治療 今日の不妊治療』
    医歯薬出版 東京 2004年
  • Tang X, Yano T, Osuga Y, Matsumi H, Yano N, Xu J, Wada O, Koga K, Kugu K,Tsutsumi O, Schally AV, Taketani Y.
    “Cellular mechanisms of growth inhibition of human epithelial ovarian cancer cell line by LH-releasing hormone antagonist Cetrorelix.”
    “J Clin Endocrinol Metab” Aug;87(8):3721-7. 2002
  • Osuga Y, Yano T, Kugu K, Koga K, Fukuoka K, Matsumi H, Wada O, Kikuchi A,Tsutsumi O, Taketani Y.
    “Effects of gonadotropin-releasing hormone analog treatment on skin condition.”
    “Gynecol Endocrinol” Feb;16(1):57-61. 2002
  • Xu J, Osuga Y, Yano T, Morita Y, Tang X, Fujiwara T, Takai Y, Matsumi H, Koga K,Taketani Y, Tsutsumi O.
    “Bisphenol A induces apoptosis and G2-to-M arrest of ovarian granulosa cells.”
    “Biochem Biophys Res Commun” Mar 29;292(2):456-62. 2002
  • Kumagai J, Hsu SY, Matsumi H, Roh JS, Fu P, Wade JD, Bathgate RA, Hsueh AJ.
    "INSL3/Leydig insulin-like peptide activates the LGR8 receptor important in testis descent."
    "J Biol Chem" Aug 30;277(35):31283-6. 2002
  • Nakabayashi K, Matsumi H, Bhalla A, Bae J, Mosselman S, Hsu SY, Hsueh AJ.
    "Thyrostimulin, a heterodimer of two new human glycoprotein hormone subunits, activates the thyroid-stimulating hormone receptor."
    "J Clin Invest" Jun;109(11):1445-52. 2002
  • Koga K, Osuga Y, Tsutsumi O, Yano T, Yoshino O, Takai Y, Matsumi H, Hiroi H, Kugu K, Momoeda M, Fujiwara T, Taketani Y.
    “Demonstration of angiogenin in human endometrium and its enhanced expression in endometrial tissues in the secretory phase and the decidua.
    “J Clin Endocrinol Metab” Nov;86(11):5609-14. 2001
  • Osuga Y, Koga K, Tsutsumi O, Yano T, Kugu K, Momoeda M, Okagaki R, Suenaga A,Fujiwara T, Fujimoto A, Matsumi H, Hiroi H, Taketani Y.
    “Evidence for the presence of keratinocyte growth factor (KGF)in human ovarian follicles.”
    "Endocr J" Apr;48(2):161-6. 2001
  • Osuga Y, Okagaki R, Ozaki S, Matsumi H, Fujii T, Iwase H, Taketani Y.
    “Successful emergency endometrial ablation for intractable uterine bleeding in a postmenopausal woman complicated with liver cirrhosis and morbid obesity.”
    "Surg Endosc" Aug;15(8):898. 2001
  • 矢野 哲、松見泰宇、武谷雄二
    『卵胞発育とNO』
    掲載誌:Annual Review 内分泌 2001年
  • Osuga Y, Koga K, Tsutsumi O, Igarashi T, Okagaki R, Takai Y, Matsumi H, Hiroi H, Fujiwara T, Momoeda M, Yano T, Taketani Y.
    “Stem cell factor (SCF) concentrations in peritoneal fluid of women with or without endometriosis.”
    "Am J Reprod Immunol" Oct;44(4):231-5. 2000
  • Matsumi H, Yano T, Osuga Y, Kugu K, Tang X, Xu JP, Yano N, Kurashima Y, Ogura T, Tsutsumi O, Koji T, Esumi H, Taketani Y.
    “Regulation of nitric oxide synthase to promote cytostasis in ovarian follicular development.”
    "Biol Reprod" Jul;63(1):141-6. 2000
  • Wang Y, Yano T, Kikuchi A, Yano N, Matsumi H, Ando K, Kasai Y, Watanabe M, Okagaki R, Osuga Y, Taketani Y.
    “Comparison of the effects of add-back therapy with various natural oestrogens on bone metabolism in rats administered a long-acting gonadotrophin-releasing hormone agonist.”
    "J Endocrinol" May;165(2):467-73. 2000
  • Igarashi T, Osuga U, Tsutsumi O, Momoeda M, Ando K, Matsumi H, Takai Y,Okagaki R, Hiroi H, Fujiwara O, Yano T, Taketani Y.
    "Expression of Ah receptor and dioxin-related genes in human uterine endometrium in women with or without endometriosis."
    "Endocr J" Dec;46(6):765-72. 1999
  • Nakayama H, Yano T, Sagara Y, Kikuchi A, Ando K, Wang Y, Watanabe M, Matsumi H, Osuga Y, Momoeda M, Taketani Y.
    "Estriol add-back therapy in the long-acting gonadotropin-releasing hormone agonist treatment of uterine leiomyomata."
    "Gynecol Endocrinol" Dec;13(6):382-9. 1999
  • Hiroi H, Momoeda M, Inoue S, Tsuchiya F, Matsumi H, Tsutsumi O, Muramatsu M, Taketani Y.
    "Stage-specific expression of estrogen receptor subtypes and estrogen responsive finger protein in preimplantational mouse embryos."
    "Endocr J" Feb;46(1):153-8. 1999
  • Osuga Y, Tsutsumi O, Momoeda M, Okagaki R, Matsumi H, Hiroi H, Suenaga A,Yano T, Taketani Y.
    "Evidence for the presence of hepatocyte growth factor expression in human ovarian follicles."
    "Mol Hum Reprod" Aug;5(8):703-7. 1999
  • Matsumi H, Kozuma S, Osuga Y, Yano T, Yoshikawa H, Tsutsumi O, Taketani Y.
    "Ultrasound imaging of pseudomyxoma peritonei with numerous vesicles in ascitic fluid."
    "Ultrasound Obstet Gynecol" May;13(5):378-9. 1999
  • 矢野 哲、松見泰宇、矢野直美、和田 修、堤 治、武谷雄二
    『NOと卵胞発育』
    掲載誌:HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY;6-1;19-23 1999年
  • 矢野 哲、矢野直美、松見泰宇、和田 修、堤 治、武谷雄二
    『卵胞発育・閉鎖とアポトーシス』
    掲載誌:産婦人科の世界、55巻 9-15 1999年
  • Matsumi H, Koji T, Yano T, Yano N, Tsutsumi O, Momoeda M, Osuga Y, Taketani Y.
    "Evidence for an inverse relationship between apoptosis and inducible nitric oxide synthase expression in rat granulosa cells: a possible role of nitric oxide in ovarian follicle atresia."
    "Endocr J" Dec;45(6):745-51. 1998
  • Matsumi H, Yano T, Koji T, Ogura T, Tsutsumi O, Taketani Y, Esumi H.
    "Expression and localization of inducible nitric oxide synthase in the rat ovary: a possible involvement of nitric oxide in the follicular development."
    "Biochem Biophys Res Commun" Feb 4;243(1):67-72. 1998
  • 松見泰宇
    『In situ ハイブリダイゼーション技法:第三章 RNAを対象としたISH』
    掲載誌:学際企画 小路武彦 編著;97-105 1998年
  • 矢野 哲、矢野直美、松見泰宇、和田 修、堤 治、武谷雄二
    『卵胞発育・閉鎖とアポトーシス』
    掲載誌:HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY;5-2;19-25 1998年
  • Yano T, Yano N, Matsumi H, Morita Y, Tsutsumi O, Schally AV, Taketani Y.
    "Effect of luteinizing hormone-releasing hormone analogs on the rat ovarian follicle development."
    "Horm Res" 48 Suppl 3:35-41. 1997
  • 松見泰宇
    『NOと生殖内分泌』
    掲載誌:プリンシプル産科婦人科学;901-902 1997年
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良、岡井 崇、武谷雄二
    『胎内診断しえた左室低形成症候群の一例』
    掲載誌:産科と婦人科;63-4; 562-566 1996年
  • 松見泰宇、板倉 称、成高和稔、松岡 良
    『胎内診断しえた胎児消化管異常の2例』
    掲載誌:日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報;32-1;33-37 1995年
  • 松見泰宇、小林浩一、秋山千絵、坂井昌人、吉川裕之、岡井 崇、武谷雄二、馬場一憲
    『3次元超音波が胎内診断に有用 であった胎児腹壁破裂の1例』
    掲載誌:日本産科婦人科学会東京地方部会誌;44-1;84-87 1995年
  • 松見泰宇、大須賀 穣、三島みさ子、横田治重、堤 治、武谷雄二
    『稀有な腹水性状を示した腹膜偽粘液腫の1例』
    掲載誌:産科と婦人科;61-2;235-239 1994年