まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

The 3rd Tokyo Conference of Endometriosis and Uterine Disorders (TEUD) (2)

御茶ノ水ソラシティカンフェランスセンターで開催された子宮内膜症の学会報告です。

東京女子医科大学の田畑務教授のご講演「子宮内膜症と卵巣癌」では、

子宮内膜症の病名で病院を受診された方は平成6年の12万人から平成27年の22万人に増加したこと。

子宮内膜症性嚢胞から卵巣癌になる割合は40代から50代になると5倍に、60代になると10倍以上に増えること。

主な卵巣癌は、漿液性癌、粘液性癌、明細胞癌、類内膜癌の4つがあるが、子宮内膜症嚢胞からは明細胞癌と類内膜癌になる割合が多いこと。

注意すべき症例は、GnRHアナログ(=誘導体)による治療により、

① 、(月経困難症などの)症状が軽快する症例、

②、CA125が低下する症例、

③、超音波所見の変化する症例

であること。

などのお話が伺えました。

 

情報交換会にて、東京大学の大須賀教授、日本医科大学の明楽教授から、田畑教授を紹介していただきまして、さっそく質問。

大須賀教授には「ヨット部の後輩ですよ。」と言っていただきまして、身が引き締まる思いでした。

 

閉会に伴い大須賀教授がタクシーで帰られるのを、少し離れて追いながら見届けて、感謝の気持ち一杯で帰宅しました。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ