まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談
キレイパス

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

はじめまして、関東労災病院の香川です:ドクターブログ (1)

2019年12月より、月2回産科精密超音波外来を担当している非常勤医師の香川です。 まつみ院長とは大学病院で彼がまだ研修医のころからの付き合いで、お世話になることになりました。   普段は関東労災病院で副院長をしております。 関東ってどこ? 労災なのに産婦人科?? などと思われるかもしれませんが、関東労災病院は全国に30か所以上ある労災病院の中で関東地区の元締め的な病院で、所在地は神奈川...

続きを読む

母体保護法指定医師研修会(2)

スタッフがブログをどんどん書いてくれるおかげで、公開が大変遅くなりました。 9月に開催された母体保護法指定医師研修会の参加報告の続きです。   母体保護法指定医師研修会のご講演はいずれもためになるものでしたが、昭和大学医学部産婦人科学講座の関沢明彦教授の生命倫理に関する演題は大変勉強になりました。 「出生前遺伝学的検査の現状と生命倫理」というタイトルで、出生前検査診断の概念や新型出生前検...

続きを読む

インフルエンザ:スタッフブログ(196)

みなさん、こんにちは。 10月に入り涼しい日々が続いていますが、体調崩されてないでしょうか。 最近、ニュースでインフルエンザについての報道を目にするようになりました。   今年の冬は新型コロナウイルス感染症の流行もあり、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性が考えられます。 今年は例年よりも多く約6300万人分のワクチンを供給予定とも言われています。   みなさんご存知のよ...

続きを読む

HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス):スタッフブログ (189)

みなさん、こんにちは。 今回は、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)の感染症を持つ妊婦さんについてのお話をさせていただきます。   ATL(成人T細胞白血病)は原因が特定された数少ない白血病で、感染経路は母乳を介した母子感染と精液中のリンパ球を介した性行為による感染です。 HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)はATL(成人T細胞白血病)の原因となるウイルスですが、ATLを発症する...

続きを読む

母体保護法指定医師研修会(1)

小雨がシトシトと降る土曜日、外来診療時間を大幅に短縮しまして、市ヶ谷にあります私学会館に赴き、母体保護法指定医師研修会に参加してきました。 新型コロナウィルス感染症により、延期されていました研修会ですが、漸く開催されることになりました。   当院では、流産手術とともに人工妊娠中絶手術も診療メニューにございます。 母体保護法には「母体保護法第14条による指定医師の指定基準」の項目があり、そ...

続きを読む

第19回日本再生医療学会(3)

WEB開催となってしまいました第19回日本再生医療学会の参加報告の最終回です。 最後にご紹介するのは、慶應義塾大学医学部産婦人科学教室の「ヒト羊水幹細胞を用いた脊髄髄膜瘤に対する新規胎児治療戦略」という演題で胎児治療に関する基礎的研究についての話です。   脊髄髄膜瘤というのは脊髄の外側の膜が体表から瘤(こぶ)のように突出して、羊水腔の中に飛び出てしまう病気で、脊髄の細胞が障害され神経系...

続きを読む

第19回日本再生医療学会(2)

WEB開催となってしまいました第19回日本再生医療学会の参加報告の続きです。 産婦人科に関連する演題としては埼玉医科大学総合医療センター産婦人科の矢部慎一郎講師が「人工多能性幹細胞からの合胞体性栄養膜誘導」という演題で発表されていました。   人工多能性幹細胞と言うのは、ノーベル賞を受賞した京都大学の山中教授が世界的権威で有名なiPS細胞のことです。 合胞体性栄養膜、なかなか難しい単語...

続きを読む

妊娠中の食事:スタッフブログ(165)

みなさん、こんにちは。 助産師スタッフです。   以前、当院インスタグラムで妊婦が生魚を食べるときの注意点をお話させていただきましたが、妊娠中は魚を極端に沢山食べるといった偏った食べ方をすることで、水銀が体内に取り込まれ、蓄積するため胎児へ影響を考えなくてはならない場合があります。 サケやサバ、サンマ、カツオ、アジは安心して食べられる魚のため食事に取り入れると良いでしょう。 ミナミマグ...

続きを読む

妊娠中のくすり:スタッフブログ(161)

みなさん、こんにちは。 助産師スタッフです。 妊娠中でもお薬が必要になるときってありますよね。 そんなとき、お薬を飲んでも大丈夫か不安になることはありませんか? 今回は、妊娠中の薬の服用について、簡単ですがご説明させていただきます。   胎児に及ぼす影響は妊娠週数によって違います。 最終月経の初日を0週0日とすると、妊娠4週〜9週くらいまでが催奇性という意味では薬剤の影響をもっとも受けや...

続きを読む

妊娠・出産アプリ:スタッフブログ (160)

皆さん、こんにちは。受付スタッフです。 世の中には便利なスマホアプリがたくさんあり、当院にお通いの患者さん方も月経周期確認アプリなど、皆様それぞれお気に入りのアプリをご利用のようです。 そこで本日は妊婦さん方にとってもおすすめなアプリがあるのでご紹介します。 決して回し者ではありませんよ(笑)   産婦人科医がつくった妊娠・出産アプリ、その名も「Babyプラス」! 日本産婦人科学会が監修...

続きを読む

1 2 3 4 5 7

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ