まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355

電話対応時間 10:00~11:30/17:00~18:30 
詳しい診療内容・診療時間につきましてはお知らせをご確認ください。

WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

第74回日本産科婦人科学会(2):「小胞体」

8月5日から7日に福岡で開催された第74回日本産科婦人科学会の参加報告、3回シリーズの第2回です。   今回、不育症とネオセルフ抗体についての発表をインターナショナルセッションでポスター発表しましたが、同じ時間のセッションの会場では東京大学産婦人科の諸先生方とも居合わせました。 それぞれの先生方は指導をしている大学院生の英語の発表を満足そうに見守っていらっしゃいました。 私も若い頃「ご...

続きを読む

第40回日本受精着床学会(3):「良好胚移植後の着床不全」

4回シリーズで紹介している第40回日本受精着床学会の参加報告、3回目です。 3回目は着床不全についてのシンポジウムの内容を紹介いたします。 シンポジウム「Euploid 胚移植後の妊娠不成功に対する不妊治療を考える」は「Euploid 胚の移植後に着床しなかったらどうすべきか?」と「Euploid miscarriage をどうする。」の2つの演題でした。   「Euploid 胚の移...

続きを読む

第74回日本産科婦人科学会(1):「福岡」

8月5日から7日は福岡で開催された第74回日本産科婦人科学会に3日間参加してきましたので、3回のシリーズで学会参加報告を致します。   オミクロン株の急拡大により医療体制が逼迫しておりクリニックを休診にするのは最小限にしたく、夏季休暇を学会開催期間に設定しまして、5日早朝から福岡空港へ。 学会場では愛育病院の百枝院長や安達名誉院長、山王病院の藤井院長はじめ、港区産婦人科医会長の宮崎院長...

続きを読む

第40回日本受精着床学会(2):「子宮内環境」

4回シリーズの第40回日本受精着床学会参加報告、第2回は妊娠に向けた子宮内環境の改善というシンポジウムで発表された演題をご紹介します。 このシンポジウムは、4つの演題で構成されていましたが、そのうちの2つ、「妊娠における至適な子宮内細菌叢の検討」と「PRP子宮内投与による着床環境の改善」をポイント解説したいと思います。   1つ目は子宮内細菌叢(=子宮内フローラ)の話です。 子宮内細菌...

続きを読む

第40回日本受精着床学会(1):「精子」

7月28日の木曜日はクリニックを休診にして、第40回日本受精着床学会に出席してきました。 当院は生殖補助医療(体外受精胚移植)は行っていませんが、着床にフォーカスを当てて不妊治療をしているクリニックです。 参加報告を4回のシリーズで紹介したいと思います。   第1回は精子の話です。 教育講演「精液所見のあれこれーWHOの新基準ー」と「精子提供について考える」というシンポジウムの内容をを...

続きを読む

The 6th Tokyo Conference of Endometriosis and Uterine Disorders (TEUD)「後編」

13日の水曜日に参加してきた子宮内膜症の学会報告の後編です。 学会の正式名称は、「The 6th Tokyo Conference of Endometriosis and Uterine Disorders (TEUD) 」で、TEUDは子宮内膜症と子宮の病気を意味します。   前編に続き、後編では後半のセッションの京都府立医科大学の教授のご講演「性ステロイドホルモンから子宮内膜症に...

続きを読む

The 6th Tokyo Conference of Endometriosis and Uterine Disorders (TEUD) 「前編」

13日水曜日は文京区、御茶ノ水ソラシティカンフェランスセンターにて子宮内膜症の学会でした。 東京大学の大須賀主任教授が座長されるセッションがあるとのことで、雨の中じめじめとして蒸し暑い中、「The 6th Tokyo Conference of Endometriosis and Uterine Disorders (TEUD) 」、(TEUD=子宮内膜症と子宮の病気)に参加してきました。 &nb...

続きを読む

不妊治療の統計(令和3年1月から令和3年12月まで)「後編」

令和3年度(令和3年1月から令和3年12月まで)の当院の不妊治療の統計の解説の後編です。 わかりやすくお話しすると、令和3年度(令和3年1月から令和3年12月まで)に当院の【不妊初診】の予約枠で予約された方について令和4年6月30日の時点での妊娠したかどうかを検討しています。   他院にて結果の出なかった方が転院される傾向にありますが、これまでの2年間と比べて、概ね、妊娠率に大きな相違...

続きを読む

不妊治療の統計(令和3年1月から令和3年12月まで)「前編」

令和3年度(令和3年1月から令和3年12月まで)の当院の不妊治療の統計です。 今月中にHPの診療案内に掲載されますが、先に解説させていただきます。   当院は平成30年12月3日に開院致しまして、3年半が経ちました。 4年目に入りまして、妊婦健診、不妊治療、不育症、着床障害に加えて、出生前診断にも診療領域を広げています。 出生前診断については、東京大学産婦人科医局出身の先生方(中山医師...

続きを読む

慢性子宮内膜炎:スタッフブログ(358)

みなさん、こんにちは! 看護スタッフです。   最近暑い日が続いていますね。 わたしはこの間、ジムの体験レッスンに行ってきました。 久しぶりに体を動かすと気持ちいいですね。   さて、今回は慢性子宮内膜炎についてお話したいと思います。 慢性子宮内膜炎とは、子宮内膜に持続的な炎症がある病態をいいます。 組織学的には、子宮内膜への形質細胞(CD138陽性細胞)の浸潤を特徴として...

続きを読む

1 2 3 4 5 17

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ