まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談
キレイパス

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

Womens Health Care Meeting「月経困難症治療の新時代」

4月に発令されました緊急事態宣言もうようやく解除された6月、久しぶりに研究会に参加させていただきました。 緊急事態にて集会は避ける必要があるため、日本産科婦人科学会を始め、日本再生医療学会などの学会が次々とWEB開催になりました。 生殖発生医学会は大変残念なことに中止。 演題を発表予定だった6月に開催予定の国際学会も中止になりまして、発表はモントリオールから来年のエジンバラに持ち越すつもりです。 ...

続きを読む

子宮鏡検査:スタッフブログ (159)

こんにちは看護部スタッフです。 本日は6月頃より開始予定としております子宮鏡検査についてお話していきます。   子宮鏡検査とは、漢字のごとくカメラを使用して子宮の中を見ていく検査のことをいいます。 3mm程の小さなカメラで子宮内の形に問題がないか調べます。 例えば、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどがこの検査で見つかることがございます。 子宮筋腫やポリープの位置によっては受精卵の着床の邪魔を...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (3)

3月に開催予定でしたが、残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告の続きです。 最後にご紹介するのは臨床の演題で、治療抵抗性の排卵障害の患者さまに副腎皮質ステロイドを用いて、結果的に、生殖補助医療により成熟卵子を得ることに成功した国際医療福祉大学産婦人科の河村和弘教授らの発表です。   一般的に排卵障害の患者さんには、まず、排卵誘発剤の内服...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (2)

3月に開催予定でしたが、残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告の続きです。 基礎研究についての興味深い演題は「不妊治療における子宮再生医療の展望」というタイトルで、東京大学の大須賀教授のグループの廣田講師が指導された研究でした。 一言で説明すると、ネズミを用いた子宮内膜の再生についての基礎医学の発表です。   当院でも流産手術や人工妊娠...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (1)

新型コロナ肺炎の影響で、学会が次々と延期、または、WEB開催になっています。 わたしは予習が好きなので、基本的に学会に参加するときには、先に学会誌に目を通すのを習慣にしています。   今回は、楽しみにしておりましたが残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告です。 今回の学会長は浅田レディースクリニックの理事長の浅田義正先生でした。 どれも...

続きを読む

妊娠のほぼ半数が1回で:スタッフブログ (143)

こんにちは看護部スタッフです。 皆さま新型コロナ肺炎の影響で週末など外出自粛願いが出されておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 私はお花見をしたいところでありましたが、中々そのようなわけにもいかず、残念ですが、出勤時に自宅近くにある桜並木を見て1人でプチお花見会を開催しております。笑   そしてこれを機に久々に部屋内の配置を変えて家の雰囲気を新しくして楽しく週末を過ごしております。 皆...

続きを読む

多毛症 : スタッフブログ(142)

院長先生の3月の英語ブログは口についてでした。 今日は口についての興味深い記事をご紹介します。   先日イタリアの女性の口腔内から睫毛のような毛が何本も生えたという記事を読みました。 写真も掲載されていて、睫毛よりもやや太く、長いという印象を受けました。   以前は歯科で勤務しておりました時にインプラント手術はもちろん、様々な外科のアシストをしてまいりましたが、これは初めての外...

続きを読む

PCO : スタッフブログ(137)

こんにちは! 看護スタッフです。   世界中にコロナウイルスが拡大しており、感染者が増加傾向にあることに不安を抱えながら生活しております。 皆さまもぜひ手洗いうがい、手指消毒に気をつけてお過ごしください。 当院でも来院されましたら手指消毒の御協力をして頂いておりますので皆さまよろしくお願いいたします。   さて、前回、私は不妊治療のホルモン採血についてお話させて頂きましたが、今...

続きを読む

第2回子宮腺筋症の妊孕性温存を考える会(2)

本郷にて開催された「第2回子宮腺筋症の妊孕性温存を考える会」の参加報告の続きです。 ランチョンセミナーは国立がん研究センターと東京大学と順天堂大学の3つの施設の共同研究で、少し前に有名な科学雑誌のネイチャー(正確にはNature Communications:Nat Commun)に発表された最新の研究成果でした。 都営三田線の車内で、前日に印刷したNature Communicationsの論文...

続きを読む

第2回子宮腺筋症の妊孕性温存を考える会 (1)

先日は東京大学に赴きまして、「第2回子宮腺筋症の妊孕性温存を考える会」に参加して、子宮腺筋症に関する最新の治療方針について学んできました。 学会長は東京大学産婦人科の大須賀穣教授でした。   会場は、本郷3丁目、東京大学医学部附属病院南研究棟です。 赤レンガと呼ばれるこの南研究棟は最近リニューアルされたようで、綺麗になっていました。 研究棟の中に足を踏み入れてみると、かつて研究をしていた...

続きを読む

1 2 3 4 5 9

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ