まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談
キレイパス

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

月経の話:スタッフブログ (187)

こんにちは看護部スタッフです。 今回は月経をテーマにしてお話しようと思います。   月経(生理)とは、約1ヶ月の周期で子宮の内側にある子宮内膜が出血を伴いながら剥がれ落ち、体外へ排出されることを言います。 最初の月経(初経)が始まると、女性の体は毎月妊娠に備えた準備をするようになります。   正常な月経の目安としては、 初経年齢:平均12歳 月経周期:25-38日間 出血持続日...

続きを読む

月経困難症についての研修会

夏季休暇中、月経困難症についての研修会(WEB講習会)を受講しました。   この研修会は、正確には、日本産科婦人科学会主催の「器質性月経困難症に対する適切なホルモン療法等に係る研修」で、講師は東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座の甲賀かをり准教授などで、全6回でした。 研修会のイントロダクションを担当された甲賀先生には、当院にかかられている子宮内膜症の患者さんで腹腔鏡下手術が必要な方...

続きを読む

低用量ピルの話:スタッフブログ (177)

みなさん、こんにちは。 一般的にピルと呼ばれているエストロゲンとプロゲステロンの配合剤ですが、中用量ピルと低用量ピルに分けられます。   プラノバールなどの中用量ピルは、保険適応では不正出血の治療に用いられ、自費診療では月経移動などに用いられています。 低用量ピルはOC/LEPと表現されていますが、避妊目的で処方されるマーベロン・ラベルフィーユは自費のお薬でOCに分類され、月経困難症やP...

続きを読む

不妊治療の統計(平成31年1月から令和元年12月まで)

遅くなりましたが、平成31年度(平成31年1月から令和元年12月までの1年間)の当院の不妊治療の統計をHPに掲載させていただきます。   当院は平成30年12月に開院致しまして、まだ1年8カ月目の比較的開院して間もないクリニックです。 開院当初は一般婦人科の患者さまが多かったのですが、少しずつ、妊婦健診、不妊治療、不育症の患者さまが増えてまいりました。 体外受精・顕微授精を行っていないの...

続きを読む

Womens Health Care Meeting「月経困難症治療の新時代」

4月に発令されました緊急事態宣言もうようやく解除された6月、久しぶりに研究会に参加させていただきました。 緊急事態にて集会は避ける必要があるため、日本産科婦人科学会を始め、日本再生医療学会などの学会が次々とWEB開催になりました。 生殖発生医学会は大変残念なことに中止。 演題を発表予定だった6月に開催予定の国際学会も中止になりまして、発表はモントリオールから来年のエジンバラに持ち越すつもりです。 ...

続きを読む

子宮鏡検査:スタッフブログ (159)

こんにちは看護部スタッフです。 本日は6月頃より開始予定としております子宮鏡検査についてお話していきます。   子宮鏡検査とは、漢字のごとくカメラを使用して子宮の中を見ていく検査のことをいいます。 3mm程の小さなカメラで子宮内の形に問題がないか調べます。 例えば、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどがこの検査で見つかることがございます。 子宮筋腫やポリープの位置によっては受精卵の着床の邪魔を...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (3)

3月に開催予定でしたが、残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告の続きです。 最後にご紹介するのは臨床の演題で、治療抵抗性の排卵障害の患者さまに副腎皮質ステロイドを用いて、結果的に、生殖補助医療により成熟卵子を得ることに成功した国際医療福祉大学産婦人科の河村和弘教授らの発表です。   一般的に排卵障害の患者さんには、まず、排卵誘発剤の内服...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (2)

3月に開催予定でしたが、残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告の続きです。 基礎研究についての興味深い演題は「不妊治療における子宮再生医療の展望」というタイトルで、東京大学の大須賀教授のグループの廣田講師が指導された研究でした。 一言で説明すると、ネズミを用いた子宮内膜の再生についての基礎医学の発表です。   当院でも流産手術や人工妊娠...

続きを読む

第15回日本生殖発生医学会 (1)

新型コロナ肺炎の影響で、学会が次々と延期、または、WEB開催になっています。 わたしは予習が好きなので、基本的に学会に参加するときには、先に学会誌に目を通すのを習慣にしています。   今回は、楽しみにしておりましたが残念なことに中止となってしまいました「第15回日本生殖発生医学会」の(予習した内容の)報告です。 今回の学会長は浅田レディースクリニックの理事長の浅田義正先生でした。 どれも...

続きを読む

妊娠のほぼ半数が1回で:スタッフブログ (143)

こんにちは看護部スタッフです。 皆さま新型コロナ肺炎の影響で週末など外出自粛願いが出されておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 私はお花見をしたいところでありましたが、中々そのようなわけにもいかず、残念ですが、出勤時に自宅近くにある桜並木を見て1人でプチお花見会を開催しております。笑   そしてこれを機に久々に部屋内の配置を変えて家の雰囲気を新しくして楽しく週末を過ごしております。 皆...

続きを読む

1 2 3 4 5 9

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ