まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355

電話対応時間 10:00~12:00/15:00~17:00 
詳しい診療内容・診療時間につきましてはお知らせをご確認ください。

WEB予約はこちら
メール相談
問診票はこちら

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

日本産婦人科学会東京地方部会会誌(1)

久しぶりのブログです。 2021年より行っていたネオセルフ抗体検査についての日本語論文がついに発表されました。 はじめに、検査会社からネオセルフ抗体理論と研究成果の説明を聞いたときには、まだ、生体内の反応をとらえる検査になるか全く予想もつかない状態でした。 不育症や抗リン脂質抗体症候群の患者さんで陽性になる症例が比較的に多いという情報だけからのスタートです。   ここから、当時東京大学産...

続きを読む

花と生殖:スタッフブログ(501)

こんにちは。受付事務です。 暦の上では立秋を迎えました。   立秋は年により日にちが変わるそうです。 今年の立秋期間は8/8~8/22になります。 言葉通り、立秋は秋の始まりという意味なのですが、秋に向けて季節が変わり始めるという期間でもあります。 立秋を過ぎましても猛暑といわれる日々は続いていますので、お体に気を付けてお過ごしください。   今回は「花と生殖」について書かせて...

続きを読む

生殖医療相談士:スタッフブログ(500)

みなさま、こんにちは。 看護部です。   突然ですが「生殖医療相談士」をご存じですか? 生殖医療相談士とは・・・日本生殖心理学会(JSRP)認定の資格です。   生殖医療(不妊治療)の広がりとともに、治療を受ける患者様は様々な場面で自己決定をしなくてはならず、ご夫婦・パートナーだけではうまく自己決定できず悩んでいる方や、不妊治療に対する漠然とした不安・ストレスを抱えている方が多...

続きを読む

排卵誘発剤(フェマーラ):スタッフブログ(485)

こんにちは看護部スタッフです。 朝はまだ幾分涼しくても昼のうだるような暑さに体調を崩したりしていませんか? 今日は当院でもよく処方されている「レトロゾール(フェマーラ)」についてお話したいと思います。   「レトロゾール(ファマーラ)」はもともと閉経後乳がんの治療薬として用いられていましたが、もうすでに10年以上前から不妊治療・高度生殖医療で排卵誘発剤の内服薬として用いられています。 排...

続きを読む

卵子凍結:スタッフブログ(484)

看護スタッフです。 今回は卵子凍結についてお話します。   卵子凍結とは受精前の卵子を凍結することです。 受精後に凍結する受精卵凍結と混同されてしまうことがあります。   適応には2種類あります。   ●医学的適応 悪性腫瘍治療等、医学的介入により性腺機能の低下をきたす可能性を懸念する場合は、妊孕性温存を目的として卵子を凍結することができます。 希望者が成人の場合は本...

続きを読む

男性不妊:スタッフブログ(477)

不妊治療は女性だけの問題と思ってはいませんか。 もうすぐ、父の日ですね。 最近では男性の方が原因で妊娠ができないということも増えてきています。   不妊症に悩む夫婦の約半数は男性側に原因にあります。 この男性不妊症の割合は年々増加しており、男性不妊の原因として、約80%は良好な運動精子を多数造ることが出来にくい造精機能障害、精子の通路が詰まったりしている精路通過障害です。   ...

続きを読む

第23回日本抗加齢医学会総会:スタッフブログ(476)

今日は、院長先生が発表する学会についてのブログです。 今回、6月9日(金)から11日(日)まで開催されます第23回日本抗加齢医学会総会にて学会発表をする機会に恵まれました。 今回の会場は東京国際フォーラムになります。   東京大学医学部産婦人科の大須賀穣主任教授が大会長です。 今回は3日間にわたり10会場で「老若男女抗加齢 from womb to tomb」のテーマにてそれぞれプログラ...

続きを読む

不妊治療について:スタッフブログ(475)

看護部です。 本日は不妊症についてお話したいと思います。   不妊症とは生殖可能な男女が一定期間(約1年)避妊をせずに性交しているにもかかわらず、妊娠に至らない状態のことをいいます。 不妊の原因として女性側では子宮、排卵、卵管、免疫等に関係するものがあります。   男性側では造精機能や精路の通過障害、ED等の性機能障害(精神的なものも含め)などが考えられますが、原因不明のものも...

続きを読む

第1回アジア生殖免疫学会(9)

第1回アジア生殖免疫学会のシリーズ報告の続き、第9回です。   第1回アジア生殖免疫学会(9)では、「The distribution of serum Th1/2 ratio and NK cell activity in patients with recurrent implantation failure」で取り上げられていたNK cell activity、訳すると「NK細胞活...

続きを読む

ネオセルフ抗体(β2GPIネオセルフ抗体)と卵巣機能(1)

早いもので、もうすぐ6月です。 昨日の日曜日は、抗加齢医学会で発表するデーターを更新し解析しなおしていました。   ブログの方の更新もなかなか追いつかなくなってきまして、6月からはブログは3日に1回となります。 開業当初は毎日ブログを更新してきましたが、公務や共同研究の会議に加えて、学会発表の準備に取られる時間も増えてきまして、だんだんと頻度が減ってきました。 文章を書くのは好きなので、...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 22

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ