まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

第34回日本生殖免疫学会・14th World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction (2):肥満と精漿 (後編)

11月20日から、随分とあいだが空きました。 奈良にて開催されました、日本生殖免疫学会・World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction(国際生殖免疫学会)の参加報告の続き(後編)です。 大変お手数ですが、11月20日のブログ、前編を復習されてから後編を読んでいただくと理解が深まります。  ...

続きを読む

第64回日本生殖医学会報告 (5):不育症の基礎研究編:(3)子宮内膜のM2マクロファージ (後編)

前編に続く、後編の解説です。 マクロファージは炎症に関与する炎症性M1型と炎症を抑え免疫を抑制する方向に働く炎症性免疫抑制性M2型に分類されることが知られています。 M1型マクロファージとM2型マクロファージの着床における役割の違いは不明でした。   今回の研究ではM2マクロファージだけを除去できるネズミを使って着床におけるM2マクロファージの働きを検討していました。 普通(=野生型:W...

続きを読む

第64回日本生殖医学会報告 (4):不育症の基礎研究編:(2)子宮内膜のM2マクロファージ (前編)

ちょうど1か月前に神戸で開催された、日本生殖医学会の報告の続きです。 今回の学会参加報告は不育症の発表にfocusして3部作のシリーズでお伝えしています。 構成は、1.抗精子抗体の話、2.子宮内膜における子宮NK細胞の話、3.子宮内膜のM2マクロファージの話です。   今回の発表は、北里大学と富山大学と東京大学との共同研究で、研究の指導者は、3つの大学に在籍された吉野修北里大学准教授です...

続きを読む

低用量ピルの勉強会:スタッフブログ (108)

看護師です。   低用量ピルは避妊目的で、自費で処方されるものと、それとは別に月経困難症や月経前症候群、子宮内膜症などの治療を目的に、保険で処方されるものがあります。   クリニックでは保険で処方される第4世代の低用量ピルの、ヤーズとヤーズフレックスなどを主に扱っています。 黄体ホルモンの成分が少しずつ変わってきていて、最も新しい低用量ピルは第4世代です。 先日、低用量ピルの...

続きを読む

第34回日本生殖免疫学会・14th World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction (1):肥満と精漿 (前編)

お待たせしました。 奈良にて開催されました、日本生殖免疫学会・World Congress of the International Society for Immunology of Reproduction(国際生殖免疫学会)の参加報告です。   先日、漢方研究会の懇親会にて藤井知行東大主任教授とお話していたときのこと、同じテーブルでは、富山大学斎藤教授や日本医科大学の竹下教授など、...

続きを読む

第64回日本生殖医学会報告 (3):ランチョンセミナー:食(栄養)と妊孕能

神戸で開催された、日本生殖医学会の報告の続きです。 先週、奈良で開催されました、日本生殖免疫医学会・World Congress of the international Society for Immunology of Reproductionの報告は、もう少しお待ちくださいませ。 今回の学会参加報告は不育症の発表にfocusして3部作のシリーズでお伝えしていますが、それ以外にも数多くの興味深...

続きを読む

第64回日本生殖医学会報告 (2):不育症の基礎研究編:(1)子宮NK細胞 

神戸で開催された日本生殖医学会の報告の続きです。 不育症の勉強が最近楽しく、今回の学会参加報告は不育症の発表にfocusして3部作のシリーズでお伝えしています。 構成は、1.抗精子抗体の話、2.子宮内膜における子宮NK細胞の話、3.子宮内膜のM2マクロファージの話です。 抗精子抗体の話は臨床統計の話でしたが、残りの2つは基礎医学研究のご発表でした。   今日は、2つ目の話、「子宮NK(n...

続きを読む

第64回日本生殖医学会報告 (1):不育症の臨床研究編: 抗精子抗体 

今年は東京で開催された受精着床学会に参加することができなかったので、神戸にて開催された日本生殖医学会に参加してきました。   学会初日は、懇親会のディナーかありまして、東京大学産婦人科大須賀教授や体外受精の世界的権威である木場公園クリニックの吉田理事長、留学帰りにお世話になりました日本の生殖医学の代表的な研究者の埼玉医大産婦人科の石原主任教授や梶原教授とも久しぶりにご挨拶出来まして、大変...

続きを読む

産婦人科医のための漢方セミナー  (2)「証」

先日は産婦人科医師のための漢方セミナーにお邪魔してきました。 後半の演題は富山大学の学長の斉藤滋先生によるものでした。 座長は、帝京大学主任教授の綾部琢哉教授。   講演の要点を1行だけで、簡潔にお話しますと、 漢方薬は西洋薬とは、異なり疾患名よりもその人の「証」に応じた投薬をすることが必要である。 ということでした。   例えば月経前症候群の患者さんでも中間証(体力が普通にあ...

続きを読む

子宮頸部すりガラス細胞がんを乗り越えて:スタッフブログ (98)

レディースクリニックにお世話になってからは不妊の記事に目がとまります。 先日はある記事で子宮頸部すりガラス細胞がんで、子宮を全摘する診断を受けたにもかかわらず、抗がん剤治療ののちに不妊、流産、切迫早産を乗り越えて出産された方の記事を読みました。 決して長文の記事ではありませんでしたが壮大な長編小説を読んだような読後感でした。 「可能性にかけた」という言葉が印象的でした。   当院にも不妊...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ