まつみレディースクリニック三田|港区・田町・浜松町の産科・婦人科・不妊|女医在籍

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355

電話対応時間 10:00~12:00/14:00~16:00 
詳しい診療内容・診療時間につきましてはお知らせをご確認ください。

WEB予約はこちら
メール相談
問診票はこちら

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

第1回アジア生殖免疫学会(4)

第1回アジア生殖免疫学会の学会報告の4回目です。

前回の解説からの続きです。

第1回アジア生殖免疫学会(3)では、臨床研究のデザインと「補体」について解説しました。

 

それでは、臨床研究のデザインから引き続きまた解説します。

 

We measured serum levels of complement component 3 (C3), complement component 4 (C4), and total hemolytic complement (CH50).

In addition, serum C-reactive protein (CRP) was also measured to evaluate inflammation status.

Correlations between neoself antibodies and C3, C4, CH50, and CRP were analyzed.

 

補体成分であるC3とC4およびCH50の血清濃度を測定した。

また、炎症状態を評価するために、血清中のCRP濃度を測定した。

C3、C4、CH50、CRPの4つの項目において、ネオセルフ抗体との相関を分析した。

 

ここまでが研究のデザインで、ここからが結果になります。

 

Results: Among the 102 patients, one had a CRP of 2.26 mg/dl, and three had antibody titers of 200 U/ml or higher.

Thus, 98 patients were enrolled in this study.

Twelve (11.8%) women were positive for neo-self-antibodies (cutoff: 73.3 U/ ml).

 

結果:102名のうち、1名はCRPが2.26mg/dl、3名は200U/ml以上の抗体価であった。

本研究に登録したのはこれらを除いた98名の患者で、12名(11.8%)の女性がネオセルフ抗体陽性(カットオフ:73.3U/ml)であった。

 

The serum levels of C3 and C4 were significantly decreased with higher titers of neoself antibodies in these recruited patients (P=0.044 and P=0.015).

There was no significant difference between CH50 and neoself antibodies.

 

この患者集団において、血清中のC3およびC4レベルは、ネオセルフ抗体の力価が高いほど有意に低下した(P=0.044およびP=0.015)。

CH50とネオセルフ抗体の間には、有意な差はなかった。

 

このあとで、結論になりますが、もう少し、結果を補足して解説します。

 

102名の集団からCRPが2.26mg/dlの方を1名除きました。

CRPというのは炎症があると増える血液中のタンパク質です。

CRPとはC-reactive proteinの略で、C反応性タンパクともいわれます。

 

このタンパクは、体の中で炎症や組織の破壊がおきているときに血液中に現れます。

つまり、血液中のCRPの値が高い場合には「体のどこかに炎症がある」ということになります。

 

炎症は、感冒による急性上気道炎のような、急性の炎症と、慢性的な炎症である「慢性炎症」に分けられます。

一般的に慢性炎症性疾患では、CRP値は0.3~2.0mg/dlと急性炎症性疾患に比べて、CRPは比較的低値になります。

 

なお、102名の母集団から、上記の1名と200U/ml以上の抗体価である3名を除いて解析しています。

長くなるので、この続きは最終回の第1回アジア生殖免疫学会(5)でお話します。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ