まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

赤坂にてソプラノのコンサート

昨日は、診療終了後に久しぶりにコンサートに行ってきました。 お邪魔したのは、年末にサントリーホールにて独唱を最前列で聴いてすっかりファンになってしまった中原沙織さんの、小林英里子さんとのデュオコンサートです。 ピアノは石川真帆さんでした。 赤坂の日枝神社の桜もほぼ満開で、散歩しながら、景色も楽しめました。   中原沙織さんは藤原歌劇団にも所属されているとのことで、今回は気合いを入れて事前...

続きを読む

高輪にてさくら鑑賞の会

金曜日は27会(ブログ参照)で、さくら鑑賞の会合でした。 久しぶりの産科当直明けでして、西荻窪から善福寺川まで寄り道して桜並木をチラ見してからクリニックへ。 朝から、テンション高く頑張りました。 診療終了後、少し肌寒かったので冬のコートを羽織り、高輪のホテルにいそいそと向かいました。 ディナーはビュッフェスタイル、「ザクロ」というお店。 隣りの席は、光栄にも愛育病院長の安達知子先生でした。 安達先...

続きを読む

平成:スタッフブログ (36)

こんにちは。事務スタッフです。 三月も終わろうとしているということでそろそろ新元号の発表がありますね。 平成生まれなので昭和が長かっただけに平成が短いのは少し寂しいです。 新元号発表から施行まで1か月しかないと色んな業界で大変そうですね。 新元号生まれの子からしたら昭和や平成生まれが「おばさん」となってしまう日もそう遠くはないと思うと少し切ないです… また、平成はゆとり世代が多いため、昭和生まれの...

続きを読む

はじめまして:スタッフブログ (35)

こんにちは。はじめまして。 新しく、まつみレディースクリニック三田に仲間入りいたしました、助産師です。 妊娠出産育児だけでなく、女性全ての健康と笑顔を応援していきます(^^) これからよろしくお願いいたします。   さて昨日、院長先生、スタッフのみなさんが、歓迎会を開いてくださいました! 麻布十番の美味しいお蕎麦屋さんで、海外の話やワンちゃんの話など、ざっくばらんに色んな話に花が咲き、と...

続きを読む

さくらの日

先週の日曜日は天気良く、芝から自転車でポタリングしながら白金台の医科研へ。 ダブルス3試合。
先週より少し動けるようになりまして、テニス楽しいです。
医科研にて研究されている大学院生の方、流石に若くて動きが違いました。 目黒通りを目黒方面に少し足を伸ばすと、自然教育園の道路沿いに桜の木がありました。
いい感じに咲いてます。 日本さくらの会は1992年(平成4年)...

続きを読む

マタニティヨガ

ヨガとは、サンスクリット語で、つながりを意味しています。 魂と身体が繋がっている状態です。 姿勢、瞑想、呼吸を組み合わせて緊張をほぐし、精神の安定(=安寧: tranquility)を得るものです。   トランキライザー(精神安定剤=精神の興奮を沈め、あるいは、不安を抑える薬のこと)という単語が医師の私にはfamiliarで、安らぎというと「tranquility」という単語がまず頭に浮...

続きを読む

卒業式:スタッフブログ (34)

こんにちは。事務スタッフです。 卒業シーズンのようで、街を歩いていると袴を穿いたお姉さんたちに遭遇するようになりました。 「私も袴を穿いたなぁ」と思いつつ、やっぱり袴や振袖は目を引いて可愛いですよね。   誰しもが一度は感じると思うのですが、卒業式や成人式でいつも思っていたのは、 「女子は振袖や袴で朝から一日作業なのに、男子はスーツで楽だなあ!」 ということです。 労力もお金も大変な振袖...

続きを読む

女性医療フォーラム (1)「情報交換会」

昨日は、京王プラザにて開催されました「女性医療フォーラム」にて勉強してきました。 座長は慶応義塾大学名誉教授の吉村泰典先生でした。   演者は、留学帰りに成育医療研究センターにて大変お世話になりました、東京歯科大学市川総合病院の高松潔先生、演題は「フレックスLEP製剤の有用性と安全性」。   もう一つの演題は、帝京大学臨床研究センター長の寺本民生先生の「女性のライフステージにお...

続きを読む

虎:スタッフブログ (33)

こんにちは。事務スタッフです。 先生からホワイトデーに虎屋の羊羹をいただきました。 虎と言えば山月記ですね! ざっくり説明すると、中国のとっても賢いお役人さんの李徴(りちょう)が下級役人の仕事環境に耐えきれず発狂し、なぜか虎になってしまいます。 虎と人間の意識が曖昧になってしまったところで、襲いかけた人が旧友の袁傪(えんさん)で、彼に自分の境遇を描いた詩を唄ったあと、妻や娘の面倒を頼んで別離する、...

続きを読む

精子バンク

先日、知人から「精子バンク」のことについて尋ねられました。 精子バンクというと、わが国では、商業主義のかなりネガティブなイメージがありますが、デンマークなどの国々では、ポジティブな捉えられ方もされているようです。 欧米では同性婚など、生物学的に配偶子(生物の生殖細胞のうち接合して新しい個体を作るもの : gamete =ヒトの場合、精子または卵子のこと)の片方を欠いたカップルの婚姻が認められている...

続きを読む

1 2 3 4

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ