まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

アジア子宮内膜症会議 (8)

台湾の学会(ACE 2018 TAIWAN)の報告、もう少し基礎的な演題の話。 わたしが、質問させていただいた発表は、「Analysis of DNA Methylation Level of Progesterone Receptor Gene (PR-B) and it’s Implication on Their mRNA Expressions at Peritoneal Endometr...

続きを読む

北里メディカルセンター(2)

金曜日、本日も北本の北里メディカルセンターに行ってきました。 「超音波の研修」と先日のブログに書きましたが、超音波の診断が全くできないわけではありません。 産科クリニックでは外来診療に超音波は必須で、産婦人科専門医試験にも超音波の問題はあります。   論文や学会発表は昔から好きだったので、左室低形成症候群、腹壁破裂といった産科の胎児診断や、子宮筋腫と子宮鏡下手術の臨床成績、腹膜偽粘液種と...

続きを読む

アジア子宮内膜症会議 (7)

台湾の学会(ACE 2018 TAIWAN)の報告、基礎的な演題の話が多かったので臨床の話もすこし。 アジア子宮内膜症会議は子宮内膜症と子宮腺筋症に関する最先端の基礎研究が学べる学会ですが、症例報告もありました。 ポスター発表には虫垂の子宮内膜症の症例報告もありました。子宮内膜症は子宮内膜の組織が、本来あるべきところではない場所に(異所に;ectopic)存在している病態です。 臨床的によくみうけ...

続きを読む

アジア子宮内膜症会議 (5)

今回の学会で一番印象に残ったのは、次の3つのご講演でした。 台湾で、夕食をご一緒させて頂いた日本医科大学の明楽教授のご講演は、ビデオを使った子宮内膜症に対する腹腔鏡手術と臨床成績の話。 東京大学の大須賀教授のご講演は、子宮腺筋症に対する治療法の話。薬物療法としてジェノゲスト(ディナゲスト)、手術療法として子宮腺筋症核出(病巣除去)術を取り上げられていました。 ジェノゲストは52週の投与で臨...

続きを読む

アジア子宮内膜症会議 (4)

学会報告の続きです。折角なので、自分の発表のお話を少しだけ。   わたしの発表は臨床研究に少し免疫組織化学(免疫染色)という実験を加えた病理学的な研究です。 免疫染色というのは、組織をうすくスライスし組織切片に目的とするたんぱく質に対する抗体を作用させ、組織におけるそのたんぱく質の局在(組織を構成しているどの細胞に存在するか)をみる方法です。mRNAの局在を調べる手法は、in situ ...

続きを読む

アジア子宮内膜症会議 (3)

Asian Conference on Endometriosis 2018 @TAIWANの学会報告を続けます。 アジア子宮内膜症会議は、アジアの主要都市で開催される子宮内膜症と子宮腺筋症に関する最先端の医療が学べる国際会議です。 昨日は学会初日、いそいそとポスターを貼りに行きまして、布ポスター折れ目なしです。 ポスター会場にいた、名古屋大学に研究留学に来られているウズベキスタンの女医さんやイン...

続きを読む

アジア子宮内膜症会議 (1)

アジア子宮内膜症会議@台湾(ACE 2018 TAIWAN)に出席するため、成田です。 学会報告といっても、まだ学会は開催されていません。予習です。 沢山の演題があり、最新のサイエンスを学べるかと思うと、とても楽しみです。 アジア子宮内膜症会議は、アジアの主要都市で開催される子宮内膜症と子宮腺筋症に関する最先端の医療が学べる国際会議です。 ちなみに、総会の最初の演題名は、「Endometriosi...

続きを読む

1 7 8 9 10 11

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ