まつみレディースクリニック三田

〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-8 池藤ビル3階
03-6453-8355
WEB予約はこちら
メール相談

まつみレディースクリニック三田

ブログ

Blog

第42回エンドメトリオーシス学会(8):子宮筋腫の薬物治療・手術療法の最前線(3)

新型コロナウィルス感染症により、2月11日、建国記念日にWEB開催された第42回日本エンドメトリオーシス学会の参加報告の最終回です。

シンポジウム「子宮筋腫の薬物治療・手術療法の最前線」について解説しています。

東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座の甲賀かをり准教授が担当されたのは子宮筋腫に対する手術と術前の薬物療法のお話です。

 

子宮筋腫に対する保存手術は、子宮温存を希望される方に術前に薬物療法が行われることがあります。

薬物療法はこれまでにGnRHアゴニスト製剤が用いられてきました。

GnRHアゴニスト製剤の作用機序(=くすりによって治療効果が出る仕組み)は前回お話した通りです。

近年、GnRHアゴニストとは異なる作用機序のGnRHアンタゴニストの経口剤(錠剤)が開発され、投与可能になりました。

 

先日、院内にてこのGnRHアンタゴニストの経口剤(レルミナ)の勉強会を行いました。

スタッフも熱心に質問などしてくれて、頼もしかったです。

また、機会があれば、GnRHアンタゴニスト製剤(レルミナ)の解説をしてみたいと思います。

甲賀先生のご講演で解説されていた「術前にGnRHアンタゴニスト製剤(レルミナ)を用いる症例」は以下のような場合です。

 

・子宮筋腫核出術の術前

・子宮筋腫による大量出血、尿閉などの合併症が出現する場合

・中止後早期の薬剤効果消失を期待する症例

 

当院では、子宮筋腫で腹腔鏡下手術(あるいは子宮鏡下手術)をご希望の患者様は、病状に応じて、オーダーメイドで東大病院を含む最適な病院のご紹介が可能です。

近隣の病院との連携によりMRI検査、CT検査も行うことが出来まして、総合病院とほぼ同じ子宮筋腫(を含む婦人科良性疾患)の診断および治療についての医療サービスを提供しています。

 

また、手術が必要な方は、当院は東京大学産婦人科とは特別に緊密な病診連携体制を構築しておりますので、迅速な紹介受診が可能です。

当院からの東京大学産婦人科へのご紹介の詳細については電話にてお問い合わせくださいませ。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ